エール・柴咲コウの歌(オペラ)は吹き替え?生歌?双浦環のモデルは三浦環!

柴咲コウさんがNHK朝ドラ「エール」に登場し話題になっているのが、すばらしい歌声!

オペラ歌手・双浦環(ふたうら たまき)役で、圧巻の歌声が披露されました。

これまでポップスを歌っていた柴咲コウさんですが、今回披露したのはオペラ!

エールでの歌声は生歌?それとも吹き替えなのでしょうか?

徹底調査しました!

スポンサーリンク

 

エール・柴咲コウの歌(オペラ)は吹き替え?生歌?

ズバリ!生歌だそうです。

柴咲コウさんは「エール」で演じているのは、伝説の世界的有名なオペラ歌手・双浦環(ふたうら たまき)。

 

ドラマは2019年9月中旬にクランクインし、柴咲コウさんは11月中旬に合流しました。

オペラは初挑戦だったようで、2019年8月上旬から歌の練習を開始し、最低週1~2回、1回2時間近くのレッスンをしたんだとか。

声楽の基礎から学び直したそうですね!

 

ということは柴咲さんがクランクインするまで3ヶ月ほどしか練習期間がなかったんですね〜。

かなりプレッシャーに感じていたようです。

 

伝説のオペラ歌手・双浦環役のオファーをいただいた時のことや、エールで披露されたオペラについて、柴咲コウさんはこちらの動画で語っていました。(7分39秒あたりから

 

柴咲コウさんが動画内で話していたことをまとめると・・・

やりたいけど…世界的オペラ歌手となると、声楽とかを何十年も習っている人が行き着くポジション。

(役を引き受ける際)「準備がきちっとできないと難しいです。はやく練習させてください」と伝えた。

去年の8月頃から、オペラのレッスンを重ねている。

今まで歌ってきたポップスの歌い方とは全然違うから、オペラを一から練習した。

 

柴咲コウさんはポップスを歌っていましたが、オペラの歌声はエールで初めて聴きましたね!

圧巻の歌声に魅了されました。。

 

柴咲コウさんのオペラに対して「あれはオペラではない!」「吹きかえがよかった」と厳しい声も中にはあるようですが、吹き替えではないからこそ感情移入でき、ドラマに感動できるのではないでしょうか。

やはり生歌は感動しますね!

 

柴咲コウさんの歌はポップスしか聞いてこなかったので、オペラはどんな感じなのだろう?と思っていましたが、あれが生歌なんて、本当にすごいです!

 

スポンサーリンク

エール・柴咲コウに対する世間の声

柴咲コウさんはもともと歌手としても人気だし綺麗な歌声をお持ちですよね。

でも、オペラの歌を聞くのは新鮮で、「これ本当に柴咲コウさんが歌っているの!?」と思ってしまうほどでした。

世間の声を見てみましょう!

https://twitter.com/osukru_andore/status/1247302223886864384?s=20

こちらは双浦環の初登場のシーンですね!女神が舞い降りたようで美しかったですね〜!

主人公・裕一ともコラボし、裕一が作曲した「船頭可愛いや」、双浦環さんが歌うとは衝撃的な展開もありました。

下駄屋の娘の歌もよかったですが、柴咲さんが歌う「船頭可愛いや」は魅力的でしたね〜!

見た目も歌声も美しくて素敵ですよね。

 

オペラはかなり練習されたようですね!

双浦環さんは着物姿も、美しすぎて見とれてしまいますね。

 

オペラを知る方からは柴咲コウさんの歌に対して厳しい意見もあるのですが、練習期間はたったの1年未満。

初めての撮影の時は3ヶ月ほどしか練習する時間がなかったようですし、それであの完成度はすごく、努力面が素晴らしいな〜と思います。

やはり生歌が人を感動させますね!

 

スポンサーリンク

エール・柴咲コウが演じる双浦環の役どころ

柴咲コウさんが演じる双浦環は、「エール」のヒロイン・音に大きな影響を与える重要人物です。

 

双浦環の役どころ
世界的に活躍するオペラ歌手で、音がプロの歌手を目指すきっかけとなった人物。

大正12(1923)年秋、11歳の音(清水香帆演じる)は、豊橋の教会でオペラ歌手・双浦環の歌声に心ひかれる。

この出会いがきっかけで、音はプロの歌手を目指すようになる。

昭和7(1932)年1月、東京の音楽学校に進学した大人になった音(二階堂ふみ演じる)は、憧れの双浦環と再会する。

双浦環はのちに音をはじめ、主人公・古山裕一(窪田正孝演じる)にも大きな影響を与える存在となる。

 

柴咲コウさんが演じる双浦環とは、ヒロイン・音が歌手を目指すきっかけであり、主人公・裕一の音楽活動にも影響を与えた人物。

パリ留学中にオペラ「蝶々夫人」の主役オーディションに合格し、世界的オペラ歌手になった話が放送されていましたね!

 

シンデレラストーリー、そしてパリ編の柴咲コウさんが可愛いすぎました。

金子ノブアキさん演じる元カレ・今村嗣人(いまむら つぐひと)が描いた環(たまき)の肖像画は、安藤しづかさんという方が描いていたんですね!

 

次に、双浦環のモデルとなった人物についてまとめました。

 

エール・柴咲コウが演じる双浦環のモデルは三浦環

 

双浦環のモデルになっているのは、三浦環(みうら たまき)!(享年62歳、1884年ー1946年)

「マダム・バタフライ」と言われた国際的オペラ歌手でした。

 

三浦環も「お蝶夫人(蝶々夫人)」でオペラを歌っています。(エールの双浦環と同じですね!)

世界中を周り、イギリス、北アメリカ、南アメリカ、ハバナ、キューバなどの中部アメリカ、イタリア、スペイン、ギリシャ、エジプト、ドイツ、オーストリア、ロシア、レトアニアなどをまわったそうです。

 

「エール」で放送された双浦環のスピンオフドラマでは、環の恋人で画家の今村嗣人(いまむら つぐひと)が登場しましたね。二人は別れてしまい切ないストーリーでした。

立場が逆転し成功する環への嫉妬心で、ヒステリックでメンヘラの男に豹変してしまい怖かったですね。笑

 

ちなみに、今村嗣人のモデルは画家の藤田嗣治という人物だと言われています。

実際には、三浦環と藤田嗣人は恋人同士というわけではなかったようです。

 

三浦環がパリ留学中「蝶々夫人」の主役を勝ち取り、その2年後に藤田嗣治もパリで有名の画家になったんだとか!

 

「エール」でのストーリーは、もし三浦環と藤田嗣人が出会っていたら…と想像して作られたフィクションだと言われています。

 

柴咲コウさん関連記事はこちら

柴咲コウの現在の活動内容は?改名してた?YouTube・会社経営等、すご腕女優

【柴咲コウ】結婚相手がさかなクン…真相は?結婚観、歴代彼氏も徹底調査

柴咲コウの年齢・本名が衝撃的!昔の若い頃からかわいい、美しいと大反響


エール関連記事はこちら

エール・二階堂ふみの歌は吹き替え?生歌?激戦オーディションで選ばれた圧倒的歌唱力

二階堂ふみの歌唱力は?昔は下手だった!?エール(朝ドラ)で歌上手いと大絶賛!

エール・ちずこ(夏目千鶴子)役は小南満佑子!歌は吹き替えではなく生歌、経歴すごすぎ 

エール・佐藤久志(プリンス)役は山崎育三郎!モデルは伊藤久男、紅白出場歌手だった

エールで野田洋次郎が木枯(こがらし)役!君の名は。かぶりのセリフが大反響w

まとめ

「エール」で披露された柴咲コウさんの歌は、吹き替えではなく生歌だったようですね。

圧巻の歌声、美貌にうっとり。。見とれてしまいました!

オペラの歌をマスターするためにかなり練習をされていたことも今回の調査でわかりました。

また何度も柴咲コウさんのオペラを聞きたいですね〜☆

スポンサーリンク

こちらもオススメ(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください